不妊症ブログTop >  不妊症の原因って…?  >  あまりにも多様な不妊原因

スポンサードリンク

多様な不妊原因、近年では環境説も…

子供を望む夫婦間で正常な性生活があり、2年以上、授からない場合が不妊症の定義だそうです。
まあ、定義はともあれ、望んでいて、しかも努めていて、その結果が得られない…そこにはなんらかの原因があるわけです。昔は、その原因の多くを一方的に女性が負わされ、「実家へ帰され」たり、「離縁」されたり、「妾」を受忍させられたり、といった時代もありました。
もちろん、今では、その原因は男女どちらにも求めることができ、その比率もほぼイーブンだそうです。つまり「男女平等」です。

男性側が原因の場合、その多くは、精子がなかったり、すくなかったり、
つまり、精子に関する原因がほとんどです。
一方、女性が原因の場合は卵巣、卵管、子宮など、
さまざまなところが関連します。
その後の治療のためにも、正しい原因の把握はとても大切です。

また、最近では、男性一般の精子が少なくなっているともいわれます。
これは現代になって急激に増えた化学物質がホルモンのように働き
それが男性の精子を減らしていると考えられています。
ホルモンのようにふるまうことから、化学物質でありながら
「環境ホルモン」と呼ばれています。

これは人類だけでなく他の種にも影響を及ぼしており
それが原因で絶滅の危機にいる生物もいるのだとか…。

スポンサードリンク
もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!健康な赤ちゃんを産むことができる!『失敗しない妊娠術』

不妊症ブログTop >  不妊症の原因って…?  >  あまりにも多様な不妊原因

不妊症の友人がこう言った

不妊症の原因って…?

不妊治療いろいろ

サイト内検索

スポンサードリンク


★My Yahoo!に追加★ はてなに追加 livedoorClipに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 ブックマークに追加する ブックマークプラス SEO対策